Blogarium40k

ウォーハンマー(40k、FB)メインのミニチュアホビーブログです

TOP | RSS | ADMIN
|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュアペイントに思うこと

このエントリは、テラダさんの"みにちゅあほうろうき"に書かれた「フルペイントの功罪」を読んで自分で思っていることを書いてみたくなって作ったものです。

TwitterのTLを見ていると「ミニチュアファシスト」という単語をよく目にします。
簡単にいえば「フルペイントこそ正義」という考え持つ人のことを差すみたいです。
(もちろんこの単語を使っている方はネタとして使ってらっしゃいます。)

考えてみれば僕もその1人に数えられるのでしょうか。

僕はゲームの盤面へは必ずペイントし終わったものしか出そうとしませんし、ゲームを遊ぶ当日までに使う予定のミニチュアが塗り終わっていなかったらロスターを変更してでも未ペイントミニチュアを使おうとはしません。

何故かと申しますと、僕はミニチュアゲームの魅力を戦場で活躍するミニチュア達に感じているからだと思います。ですから盤面で戦う駒達が未塗装では泊がつかないといいますか、個人的には許せないのです。

ですが、僕はそのことを対戦相手の方に強制する気は微塵もありませんし、対戦相手の方が生プラ状態のアーミーであろうといつも通りに遊ばせてもらいます。先述した「ペイントしていないものを盤面に出したくない」というのはこの趣味における僕自身への戒めというかルールみたいなものです。

しかしながら、いつまでもずーっと生プラ状態とか黒サフだけのミニチュアたちを見ていると残念に思ってしまうのも正直なところです。少しづつ…ゲームを通して、少しづつでもいいからペイントを進めてほしい、ペイントをして自分のアーミーを愛してほしいと思うのです。

P1030887.jpg

このマリーンは僕が初めて柏のホビーセンターに遊びに行った時に体験ペイントで塗らせてもらったマリーンです。今見れば白はドライブラシで乗せていますし、スミ入れも白の上からウォッシュがドバっとかかっていて雑な仕上がりに思いますが、当時この自分だけのマリーンが完成した時の嬉しさは今でも忘れられません。

その時の嬉しさやペイントした時の楽しさが、今でも尾を引いてペイントへ向かう原動力となっている気すらしてきます。ペイントは楽しい!を僕に教えてくれたのは彼なのかもしれませんね。

つらつらと書きましたが、所詮は趣味の話です。楽しければそれが一番だと思います。
それが超絶ペイントだろうと、ガチゲームだろうと、ドラマに溢れるゲームだろうと、楽しければ良しなのです。(それがまぁ、自分だけ良ければそれでよし。と言うわけでは決してありませんが。)

上で書いたことは、現状僕がミニチュアペイントに対して思っていることです。
数年後はガラっと変わっているかもしれません。普通に黒サフでもゲームで使っているかもしれません。
何年も後にこのエントリを読んでニヤニヤするために書いたといっても過言ではないでしょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。