Blogarium40k

ウォーハンマー(40k、FB)メインのミニチュアホビーブログです

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューシタデルペイントレンジ

P1040994.jpg

昨日、遂に新しいシタデルカラーペイント大全が発売されましたね!
早速いつもお世話になっているホビーショップ「HobbySpace Mr.Field」さんにお邪魔してきました。

発売日と言う事でテンションも上がってしまい、グレイズ、シェイド、ベースを中心に結構買ってしまいました。


以下から新カラーで感じたことなどを。

P1040966.jpg

P1040967.jpg


体験スペースはこんな感じで、本来使えるカラーはかなり限定されているのですが、スタッフさんが購入されていたカラー全色もご好意で試せるようになっていて、まさに何でもペイント出来る状態でした。コレは嬉しい!

新しいペイント大全もサンプルが用意されていたので、折角ですしマリーンの作例であるオーロラ戦団のカラーでガイド通りにペイントしてみることにしました。

ベース:
今までのファンデーションよりもざらつきと言うか粉っぽさは消えた感じがしますが、濃いカラーなのでカラーの伸びは後述するレイヤーカラーよりも悪いです。定着力が第一ですから当然なわけなのですが。ベースカラーも格段に増えたので、わざわざ混色しないでベースが塗れるのはとても楽チンです。例えば金の下地色、バルタザール・ゴールドは素晴らしいと思います。今までスコーチドブラウンとシャイニングゴールドを混ぜていましたからね。

レイヤー:
ベースで下地を塗った後にハイライトやレイヤリングする際に用いるカラーですが、従来のシタデルカラーと使用感は殆ど変わりません。オーロラ戦団の緑は従来のスノットグリーンに当たるワープストーングロウを使うのですが、カラーのノリはスノットグリーンと同じぐらい弱いものでした。70色以上もライナップされているので混色する手m(略

シェイド:
かなり使用感が変わったのがシェイドです。従来のウォッシュとは違ってとても流動性の高いものになっているので、とても塗りやすいです。ウォッシュを多量に塗ると、気泡が出来て息を吹きかけて潰してましたが、とろみが無いためか、気泡が殆ど生じません。シェイド本来の「溝にたまりこむ」効果はウォッシュ以上です。

グレイズ:
今回初登場のグレイジング用インク。塗り心地はシェイドと殆ど変わりませんが、使い道は全く違います。グレイズの名の通り、グレイジング用途が主な使い道です。レイヤーカラーでのハイライトがきつ過ぎた場合などに使い、ハイライトは抑えベースカラーを鮮やかにします。オーロラ戦団の作例どおりに使ってみると効果が分かりました。

P1040970.jpg
グレイズ前の状態。ハイライトはちょっとキツめに入っていますが、
グレイズのラメンターイエローを塗ると・・・

P1040972.jpg
ベースの緑がより鮮やかになり、ハイライトカラーが少し落ち着きました。
シェイド感覚で塗りすぎると、溝に明るいカラーが溜まり過ぎて残ってしまうので、シェイドよりも薄く塗っていくのが良いみたいです。

ドライ:
半固形のカラーで筆で取るとフワフワしています。ドライブラシといえば今までカラーをキッチンペーパーなどでかなりカラーを落として使っていましたが、このドライカラーは少しペーパーでカラーを馴染ませてやるだけで、簡単にドライブラシができるようになります。楽チンアイテム。

テクスチャ:
こちらも半固形のカラーと砂粒のようなテクスチャが混ざったものです。ベースに対して厚塗りし、乾いた後でシェイドやドライブラシを施すことで簡単にベースデコレートを行うことが出来ます。サンドを撒き、目止めしてカラーを塗ってドライブラシして・・・という従来の方法よりもとってもお手軽です。しかしベースに使う量が多量なのでサンドに比べると格段にコストパフォーマンスは悪いと思います。手間をお金で買う感じでしょうか。グレイズで挙げた画像の2枚目がテクスチャとドライを使って作例通りに仕上げたベースデコレートになっています。ビークルなどのウェザリングにも使えそうで面白そうなのは間違いありません。

ペイント大全:
PDFだった旧ペイント大全が新しく日本語版になって生まれ変わりました!ペイント大全と言えば私が初めてGWミニチュアを塗る際にお世話になった書籍です。あの読んでいるだけでミニチュアをペイントしたくなる独特な言い回しやユーモアが大好きで、今回のペイント大全もある意味でカラー以上に楽しみにしていました。
しかしいざ読んでみると、あの独特のユーモアが殆ど無くてガッカリです・・・。ペイント手順を懇切丁寧に解説されているので、ペイントを始める方にはもってこいの本だと思います。でもねぇ・・・。


てな感じで、私は新カラー移行には好意的に受け止めております。
今まで手に入れてきた旧カラーとの併用が続くことになるとは思いますが、新しいリリースでかゆい所に手が届くようになったのではないでしょうか。


COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。