Blogarium40k

ウォーハンマー(40k、FB)メインのミニチュアホビーブログです

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02 40k スローン・オヴ・スカル 参加レポート

P1060461.jpg

去る2月10日、東京で日本初の40k スローン・オヴ・スカルが開催されました。
当日は26人の熱き趣味人達が自慢のアーミーとともに参戦し、己が目標を目指して鎬を削りました。

会場で受付をする段階からもう既に熱気が伝わってきましたね!
否が応にもテンションが上がっていきました!

僕も今回は参加者ということで、時間制限が在る中のゲームや日程だったためにとれた写真は少ないのですが、レポートして行きたいと思います。



当日は28人の定員で、2人が欠席したため登録は26人。

ゲーム卓は定数分の14卓が用意されましたが1卓は使わないので、参加者全員のロスターがこの卓で公開されていました。シンプルで分かりやすいものから、デザインから作りこまれた雰囲気満点のロスター、そして一際異彩を放っていたのが、帝国で装飾物としてポピュラーなピュリティーシールを模したロスターなんてものもありました。

ロスターまで拘ってしまうなんて、素晴らしき趣味人魂です! 
そして画像がありませんでした…興奮のあまり撮るのを忘れてしまいました。うー、勿体無い(笑

と思ったら、GW公式の「ホビーライフをはじめよう!ブログ」にて画像が残っていました!
他にも素晴らしい画像が数多くあるのであわせてご覧頂ければと思います。
http://gamesworkshopjpn.weblogs.jp/blog/2013/02/201340000-d986.html

実際に第一戦が始まるまでに少しだけ時間があったので、参加者の皆さんの気合のアーミーをパシャパシャ取りながら回って来ました。全て載っけると大変な長さになってしまうので、拡大できるコラージュを作ってまとめてみました。
レポート用画像
拡大画像はコチラ


レポート用画像2
拡大画像はコチラ
(容量の都合上、1680x1260が限界でした…;)

もちろんこれが全てのアーミーというわけではないのですが、ご覧のとおり素晴らしいミニチュアばかりでうっとりと眺めている内にあっという間に観賞時間が終了してしまいました笑 
欲を言えば観賞だけで1時間は欲しかったところですが、1日3戦ですからそうも行きませんね。


そして、1戦目の組み分けが発表されました!
お相手は今回初対戦となる圭さんのスペース・ウルフです!
初期配置は「ドーン・オヴ・ウォー」、作戦目標は「皇帝陛下の御意志のままに」でした。

かの戦団長、ローガン・グリムナーその人が率いるスペース・ウルフは、ドロップポッド3機にそれぞれターミネイターが5人ずつ搭乗しています。また同盟で迎えられたインペリアルガードには最低限のユニットの他には、ヒドラ対空戦車2両編成のスカッドロンが編入されていました。

ドロップポッド・アサルトからの強烈な近距離射撃と、ヒドラ対空砲から繰り出される回避能力を無効化した砲撃が予想されます。

P1060371.jpg

P1060381.jpg

序盤、ドロップポッド・アサルトからのコンビ・ウェポンを用いた強烈な射撃が繰り出されたものの何とか耐え切ります。返すターンで近距離に降下したターミネイターに向けて雨あられと射撃を繰り出し、殲滅に成功しました。

ローガン・グリムナーは圭さんいわく悪いタイミング(2ターン目)での登場ということもあり、1ターン目でターミネイターたちを殲滅したネクロン軍の総攻撃を浴びて儚くも消滅。
前衛を失ってしまったインペリアルガード同盟軍は、殺到するネクロン軍を押し留められず全滅してしまいました。圭さんのジェントルなゲームスタイル、大変感銘を受けました。1ゲーム目から素晴らしいゲームだっと思います。



そして休憩時間。
当日は一部で話題騒然の「サンダーファイアキャノン友の会」の記念撮影会も開かれまして、会員の一員である僕もサンダーファイアキャノンを持参して撮影会に参加して来ましたよ!笑

P1060397.jpg

P1060395.jpg

うぅむ、なんと勇壮なことか!
サンダーファイアキャノンはもちろん、ダークエンジェル戦団からはサンダーファイアキャノンを主砲に据えるアキレス型ランドレイダーまで参加しています!
サンダーファイアキャノンは装甲板ぐらいしか個性を出す部分がないのですが、やはり皆さん創意工夫してオリジナリティあふれる作品に仕上がっていますね!

撮影に参加された、Genkiさん、Daizoさん、kotabeatくん、darutoneさん、そしてRmanさん、ありがとうございました!今後ますますの「サンダーファイアキャノン友の会」の発展ために、共にサンダーファイアキャノンを愛でていきましょう!笑



お昼休憩も終わり、2戦目の組分けの発表です。
2戦目のお相手は、今一番ホットなアーミー、ダークエンジェルを駆るdarutoneさんに。
何度かお会いしていましたが、今回が初ゲームですね!
初期配置は「ドーン・オヴ・ウォー」、作戦目標は「徹底調査」になりました。

darutoneさんのダークエンジェルは、サマエル率いるバイク・スカッドとデスウィングからターミネイターが迎えられています。さらに新ユニットのダークシュラウドも編入されています。まさにダークエンジェルのツボを押さえた編成ですね。コデックス・マリーンとは一味違った編成・ルールが魅力的です。

P1060398.jpg

序盤、サマエルを先頭にバイク・スカッドが前線へ殺到してきます。
それに合わせてドロップポッドが空を切り裂いて到着し、至近距離からトゥーム・ブレイドとトライアーク・ストーカーを狙います。

トゥーム・ブレイドは2機破壊されたものの、続く機体再生プロトコルで2機とも復活
ネクロンのいやらしさが全開です笑
ネクロン兵団の攻撃の要、トライアーク・ストーカーはシールド・ジェネレーターが破損(貫通ダメージ)したものの、運良く大破は免れます。
P1060399.jpg


続くターンで、バイク・スカッドにはガフラとスパイダーが襲いかかり戦線を食い破られるのを防ぎました。
サマエルとガフラの戦い、激熱でしたね!
P1060404.jpg

バイカーたちはスパイダーとの戦闘で消耗してしまい、全滅。
救援に駆けつけたターミネイターたちも奮闘しますが、猛射撃を浴びて消滅。
ダークエンジェル達はゴーストアークを止められず目標確保が絶望的となり、ネクロン軍が勝利しました!

ダークエンジェルチャプターもコデックス・マリーンにはないミステリアスなルール満載で中々羨ましかったです!
そしてスローン・オヴ・スカルでダークエンジェルらしい編成で戦うdarutoneさんもまた羨ましかったです!


ここまで何とか2勝。
この時点で優勝が夢ではなくなってきた気がしました。
3戦目が非常に重要なバトルになるのは必至…。
一体対戦相手はどなたになるのだろうかと、固唾を飲んで3戦目の組み分け発表を聞いていると…。

GWスタッフさん「1番テーブル、02番Rmanさんと04番Betzさんです!」

!!?

言わずもがな、国内ウォーハンマラーなら知らぬ人はいないであろうRoRギャラリーの管理人であるRmanさんと対戦することに…!Rmanさんはスローン・オヴ・スカル参加のために、山口県からはるばる東京までいらっしゃったのです。

私も何度かRoRギャラリーに投稿をさせて頂いてお世話になっており、そして何よりRmanさんのインペリアル・フィストと対戦することはいつか必ず実現したいと考えていた私の夢でもあったのです…!
今日できることなら是非バトルをしたい…と思いつつも参加者は26名。
半ば諦めかけていたのですが…。

しかもその舞台が日本初の40kスローン・オヴ・スカルで、その最終決戦…。
まさに天命。
私はこの日の為にこのホビーを始めたのだと、
今まで戦ってきた全ての1戦1戦がここに繋がっていたのだと確信しました。

それほどまでに運命的なマッチング。
正直、3戦目で結構くたびれていたのですが、
この激熱な対戦に胸を打たれ、己を奮起し私の持つホビーセンス全身全霊をかけてお相手させていただきました。

その模様はとてもこちらではお伝えしきれないので、Rmanさんのインペリアル・フィストとの激戦は後日バトルレポートとしてお伝えしたいと思います…!


そのバトルの行方とスローンの結果は次回のレポートに託すとして。
無事3戦ゲームも終わり、笑顔と驚き、祝福と喜びに満ちた各種授賞式も終了。
ですが、これでスローン・オヴ・スカルは真の意味で終わっていないのです。

スローン・オヴ・スカルが終ったあとは、趣味人の有志たち(通称:打ち上げタスクフォース)が幹事を行う「打ち上げ・オヴ・スカル」が開催されたのです!

スローン・オヴ・スカルの参戦者は26人。
しかし、この打ち上げに参加した趣味人は総勢43人…!
 (訂正:タスクフォースによると総勢48人の参加だったそうです。凄まじい!
日本全国中から集った趣味人たちが参加した濃厚な打ち上げとなりました。
画像を見て頂ければ雰囲気は伝わるかと!

レポート用画像3
拡大画像はコチラ


レポート用画像5
拡大画像はコチラ

荒ぶるおじさん・お兄さんがたくさんです笑

楽しすぎてホントに2時間あっという間でしたね。気付いたら終わっちゃってました。
正直、朝まで続けたほうが良かったんじゃないかと思うんです(断言


スローン・オヴ・スカル
素晴らしいイベントになりました。
熱き心で参加された趣味人はもちろん、企画・運営をされたGWスタッフさん、観戦・応援に駆けつけてくれた趣味人の皆さんで作り上げたイベントだったように思います。会場での、ホビーを純粋に楽しむ一体感は精一杯己のホビーソウルを燃やした趣味人達の想いの結晶だったのでしょう。
このホビーにおける全ての楽しさが凝縮されたイベントになったこと。
そしてそのイベントに参加でき、本当に幸せでした。
この2013年40kスローン・オヴ・スカルでの出来事を私は生涯忘れません。
COMMENT
マジで最高な一日だったよな…。夢みたいだったぜ。


だが、我々のホビーロードは未だに長く険しい物となっていそうではないか!この胸の熱さがそれを物語っているよ!これからも共に歩んでいこう、同胞!
スローンオブスカルお疲れ様でした!
Betzさん、スローンオブスカルでは大変お世話になりました!そして、お疲れ様でした!
さっそくの濃密なレポートも、僕自身一参加者としてとても楽しませていただきました。
どの写真からもこのホビーの真髄ともいえる笑顔が伝わってきて、本当に感動します。
僕の比較的長いホビーライフにおいても、これほど熱く盛り上がり会場の皆の気持ちが一体となったイベントは無かったと思います。

そんな素晴らしいイベントの中で、僕も沢山の友と出会い、そしてBetzさんと最終決戦で対戦できたことは、
本当に僕にとっても生涯忘れられない熱い思い出となりました。
僕も、ずっとBetzさんの美しいネクロンと対戦したかったのです。

僕との対戦レポートをわざわざ別にしてくださるということで、今から次なる更新が楽しみでなりません!

Betzさんのレポートを読んでいると、当日の盛り上がった空気が僕の中で鮮明に蘇ってきました。
特に打ち上げオブスカルは凄過ぎる熱さでしたよね。ほんと、最高でした。

またいつかお会いする機会がきっと巡ってくると思います!今度はまた改めてじっくり時間をかけて1ゲームを楽しみたいですね!
ぜひ実現させましょう!!
これからもよろしくお願いします!

そして、レポートお疲れ様でした!
Re: タイトルなし
本当に夢の様な1日だったね。
この先長く続いていく楽しくも険しいホビーロード…
傍らに同胞kotabeatがあればきっと乗り越えていけるだろうと確信している。
これからも宜しく、同胞!

Re: スローンオブスカルお疲れ様でした!
Rmanさん、コメント頂きありがとうございます!
そしてスローン・オヴ・スカルでは本当にありがとうございました&お疲れ様でした。
写真に写っている人皆が皆笑顔で、このイベントがどれほど温かいものだったかと思い出させてくれました。
僕自身、あのような素敵なイベントに参加できたことは本当に幸せなことでした。

山根さんのインペリアル・フィストとの対戦は僕ホビーライフの中でも最高のゲーム一つでした。
気合入れてバトルレポートを書きたいと思います。

打ち上げ・オヴ・スカルは凄かったですねぇ笑
もう半分収拾が付かなくなっていたように思います笑
それだけ濃い打ち上げでワーワー騒いで楽しかったです!
サンダーファイアキャノン友の会集合写真も撮れましたしね!

僕も遠くない未来に再会できると信じております。
その時はより大きなポイントで、じっくりゲームを楽しみたいですね!
こちらこそ、また投稿させて頂いたりとお世話になるかと思いますが、何卒宜しくお願い致します。

それからRmanさんのレポートも楽しみでなりません!
執筆、応援しております!

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。