Blogarium40k

ウォーハンマー(40k、FB)メインのミニチュアホビーブログです

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルレポート 17 Necrons vs ImperialFists

P1060454 (2)

2013年2月10日に行われたスローン・オヴ・スカルの最終戦にて、奇跡的にもRmanさんのインペリアル・フィストと対戦することが叶いました。今回はそのバトルレポートになります!

"前回の参加レポートより抜粋"
3戦目が非常に重要なバトルになるのは必至…。
一体対戦相手はどなたになるのだろうかと、固唾を飲んで3戦目の組み分け発表を聞いていると…。

GWスタッフさん「1番テーブル、02番Rmanさんと04番Betzさんです!」

!!?

言わずもがな、国内ウォーハンマラーなら知らぬ人はいないであろうRoRギャラリーの管理人であるRmanさんと対戦することに…!Rmanさんはスローン・オヴ・スカル参加のために、山口県からはるばる東京までいらっしゃったのです。

私も何度かRoRギャラリーに投稿をさせて頂いてお世話になっており、そして何よりRmanさんのインペリアル・フィストと対戦することはいつか必ず実現したいと考えていた私の夢でもあったのです…!
今日できることなら是非バトルをしたい…と思いつつも参加者は26名。
半ば諦めかけていたのですが…。

しかもその舞台が日本初の40kスローン・オヴ・スカルで、その最終決戦…。
まさに天命。
私はこの日の為にこのホビーを始めたのだと、
今まで戦ってきた全ての1戦1戦がここに繋がっていたのだと確信しました。

それほどまでに運命的なマッチング。
正直、3戦目で結構くたびれていたのですが、
この激熱な対戦に胸を打たれ、己を奮起し私の持つホビーセンス全身全霊をかけてお相手させていただきました。



今回のBGMはコチラ

PCゲーム、「Dawn of War2」よりスペースマリーン・テーマソングです。
聴きながら読んで頂けると、マリーンの熱い勇姿が想像できるやもしれません!

※3月3日追記
今回対戦して頂いたRmanさんより、かの有名なサンダーホークガンシップの画像とスローン会場で一際目立っていた素晴らしいロスターの画像を提供して頂きました!サンダーホークは後日談の中で、ロスターは僕のロスターと一緒に、それぞれ掲載しています。Rmanさん、ご協力ありがとうございました!!
後付設定:
カルラディン王朝の墳墓が地下に眠るミカサ=エコーⅢにおいて、インペリアル・フィストとカルラディン王朝の派遣兵団が最初に交戦してから既に26時間が経過していた。サンドロス中隊長率いるインペリアルフィスト達は緒戦においてネクロン兵団の待ち伏せに遭遇し、手痛い損失を出していた。その後、体制を立て直すべく後退戦を繰り返しながら、再集結地点であったヒーローズ・ヒルまで戦術的後退を果たしたものの、すでにそこにはネクロンのデスマークたちが展開しており、無慈悲に計算しつくされた痛烈な十字砲火を受けサンドロス中隊長のタスクフォースは全滅。サンドロス中隊長も重症を負ってしまった。追撃していたネクロン兵団が掃討戦を開始しようとした正にその時、サンドロス中隊長救出のために派遣されたインペリアル・フィストの新手のタスクフォースが空を斬って現れた。その部隊を指揮するのはインペリアルフィスト第一中隊長ダルナス・ライサンダー。かつてサンドロス中隊長に命を救われた借りを返すべく、そして皇帝陛下の御領たるミカサ=エコーⅢに蔓延る異種族に鉄槌を下すべく、かの者は"ドルンの拳"を握る。

ポイント:1500pts
作戦目標:征戦の刻(目標数3つ)
初期配置:ハンマー アンド アンヴィル

遂に始まったRmanさんのインペリアルフィストと僕のカルラディン王朝の兵団とのバトル!
盤面にお互いのアーミーが配置されただけでも、かなりの満足感でした。
スペースマリーンらしい派手な配色のインペリアル・フィスト。Rmanさんのメリハリの効いたイエローで繊細にペイントされた美麗なアーミーは盤面上での存在感が半端ないです。本当に生でRmanさんのアーミーが見れるなんて、スローン・オヴ・スカルに参加した甲斐がありました…!!

前回のレポートですっかり忘れていたのですが、こちらが今回のスローン・オヴ・スカル用のロスターになります。この編成はアローズ・トーナメントであれやこれやとゲームしまくり、他の方に相談したりアドバイスを頂いたりして磨き上げたロスターに250pts分付け足したものになります。その辺りの経緯は過去の参加レポートを参照して頂ければと思います。
1500pts.jpg
拡大画像はコチラ

これは当日対戦相手の方にお渡ししたもの&大会運営の方に提出したものと同じものなのですが、設定などをもう少し盛り込みたかったですねぇ。それは次回のスローン・オヴ・スカルの課題としましょう。


roster02-1.jpg
拡大画像はコチラ

そしてこちらは今回対戦相手となりましたRmanさんのインペリアルフィスト タスクフォースのロスター表です!Rmanさんのご厚意により、僕のバトルレポートにも掲載することがかないました!
40kらしいゴシックなデザインもさることながら、見やすさやわかりやすさを考慮しつつも1枚にまとめられています!僕のロスターも1枚にまとめようとしましたが、とても無理で、結局2枚になってしまいました。



初期配置はこんな感じになりました。(すでに1ターン目が始まっていますが;)
P1060415.jpg

赤い円が作戦目標になります。
攻めて目標を確保するのが僕のネクロンの戦術なので、自陣側には一つも目標が配置されていません。
右に目標が固まっているので、主力かつトループであるネクロン・ウォリアーを輸送するゴーストアーク2隻は右翼に配置しました。


Rmanさんとガッツリ固い握手を交わし、お互いの健闘を祈りゲーム開始です!!


1ターン表
先攻はRmanさん。
まず1ターン目の開始時、マリーンの花型ドロップポッドが強襲降下を仕掛けます!

P1060416.jpg

若干ずれたものの、殆ど誤差。絶妙な位置に降下を果たします。
重厚な3枚扉仕様のドレッドノート専用ドロップポッドから姿を表したのはアイアンクラッド・ドレッドノート同胞エドムンド!通常のドレッドノートよりも前面装甲が厚く、両肩にはハンターキラーミサイル2基が装備され重装備化されています。アナイアレーション・バージの側面を狙います。

P1060417.jpg


更にもう一機のドロップポッドが空を切り裂いて強襲降下。
ガフラ指揮するネクロン兵団の戦列の目の前に立ちはだかるようにして登場したのは、タクティカルマリーンを率いた<不死身の男>ことダルナス・ライサンダー!
友軍がサンドロス中隊長を救出するまでの間、ここから1歩も退かない不退転の覚悟。
ドルンの子等であるインペリアルフィストに相応しい、熱い登場です!

P1060419.jpg

P1060420.jpg
コマンドバージに乗り込んだ<死神>ガフラの目の前現れたダルナス・ライサンダー。


いきなり両軍のウォーロードが次のターンでは白兵戦が起こるであろう至近距離に存在するという、1ターン表とは思えない展開です!さすがは強襲降下を信条とするスペースマリーン。戦線といった概念をあっさり無視する戦術は畏怖をも覚えます。


移動フェイズではヴィンディケイターがコンバットスピードで前進。
攻めの中核は、先ほど降下を果たした2つのユニットであるため、その他のユニットは移動控えめです。

そして射撃フェイズ
まずは景気付けにとサンダーファイアキャノンが火を吹きます!
ファランクス(密集陣形)を組んでいたイモータル達を憤怒の猛火が襲いかかりました!
ファランクスを組んでいたのもあり、かなりのダメージが発生し、アーマーセーブするも5体のイモータルが破損し、フェイズアウト(戦死)。いきなり半壊状態です…。

P1060421.jpg
恐るべしサンダーファイアキャノン…!

まだまだマリーンの猛攻は終わっていません。
ドロップポッドから降り立ったタクティカルスカッドの放った必殺のメルタガンはアナイアレーション・バージに命中・貫通!運良くも撃破は免れたものの、搭載武器1つとクォンタムシールド・ジェネレータが破損してしまいます。

P1060422.jpg

シールドの剥がれたアナイアレーション・バージに向かって、今度はアイアンクラッド・ドレッドノートが狙いすましたメルタガンとハンターキラー2基をフルファイア!さすがにアナイアレーション・バージも爆散!
貴重な"先制打撃"をゲットされてしまいます。

P1060423.jpg



1ターン裏
アナイアレーション・バージを失い、イモータル・ファランクスにも手痛い損失を出してしまいましたが、主力のゴーストアークやガフラは無傷!目前に立ちはだかるインペリアルフィスト達を、近距離において最大の火力を発揮するネクロンの射撃でもって歓迎する番です!

移動フェイズでは各ユニットが最大火力を出せるように微動。
アイアンクラッド・ドレッドノートはビークルキラーであるカノプテック・スカラベに任せ、ほぼ全ての射撃をライサンダー率いるタクティカルスカッドに差し向けます。

そして射撃フェイズ
ゴーストアーク、トゥームブレイド、イモータルの一斉射撃をタクティカルスカッドに向けて放ちます。
相当数のダメージでしたが、そこは信仰心篤いRmanさん。
「3+セーブは得意なんですよ?」
とセーヴィングに自信をのぞかせ、そしてその通り、かなりのダメージをアーマーで弾き返します!
結果全滅させることは適わず、ライサンダー残り2傷と1人の分隊員が生き残ってしまいました!

白兵戦フェイズ
しかしこれは好機!
止めにガフラの駆るチャリオットで突撃を仕掛けます!

P1060425.jpg
「下等種族の人間ごときが、
 我ら崇高なるネクロンに挑むとは笑止千万!
 貴様らの持つ弱き心を、そして魂を、我が直々に刈り取ってやる!」


猛スピードでコマンドバージをダルナス・ライサンダーに向かって突進させます。
(チャリオットに乗っている間、一騎討ちは挑めないのですが、射撃で前衛を引き剥がせたのでほぼ一対一に!)

ネクロンの鬼畜ウォーギア、精神束縛スカラベをライサンダーに向かって放ちます!
3D6で指揮チェックし失敗すると精神を乗っ取られ自身を攻撃してしまうのです。
しかしライサンダー、果敢に抗い指揮チェックをパス

ネクロン・テクノロジーの粋を集めたウォーギアをかわされ一瞬たじろぐ<死神>ガフラ。

「我の挑戦者だ!そう来なくてはなぁ!」
ガフラはウォーサイズによる攻撃を諦め、代わりに隠し球「4次元立方体の迷宮」をライサンダーに向かって開放します。D6を振り現在残されている傷以下の値を出さなければ相手を問答無用で戦死者として取り除いてしまう、まさに一撃必殺ウォーギア!

ライサンダーは先の猛射撃を受けて2点傷を失っているので、1か2を出さない限り封印されてしまいます。さすがにRmanさんも青ざめます!

Rmanさん「もはや祈りが通じるのかもわからない皇帝陛下に頼っていられませんねッ!
Betz「!? まさか…!
Rmanさん「スラーネッシュ神よッッ!我に力をぉぉぉぉッ!!!

もはや皇帝への忠誠心もかなぐり捨て、渾身のダイスロール!

出目は…



なんと2
スラーネッシュ神に望みが聞き届けられ、テスト成功です!!

そ、そんな筈が…!
一撃必殺のウォーギアをもかいくぐったライサンダー。
報復の鉄槌がガフラを襲います!それはドルンの拳、S10AP2というデッドリーすぎる攻撃です。
攻撃が通ってしまったが最後、耐5を誇るガフラも即死してしまいます…!

こんなこともあろうかと、ガフラにはフェイズシフター(3+スペシャルセーブ)を装備させてきたのだ!
異次元と現実に転位を繰り返す身体に攻撃が当たるものか!(あれ?このセリフどこかで…。)

2発のダメージ(即死ダメージ)が発生。


1発目はフェイズシフターで躱したものの、2発目は見事にガフラの機体を捉えバラバラに四散してしまいました…!ガフラまさかのインスタントデス!

P1060427.jpg

ば、馬鹿な…この我が下等種族の人間なんぞに…
深刻なダメージを負ったガフラは機体再生にも失敗し、フェイズアウト…。

ここで我がネクロン軍のウォーロード・ガフラが討ち取られ、ウォーロード撃破でポイントも取られてしまいました。

総指揮官を失ったネクロン軍に動揺が走ります。
とても1ターン目とは思えない内容の濃さです!笑


2ターン表
ここでネクロン軍はソーラーパルスによって、直視できぬ程のまばゆい閃光で戦場を照らします。
このターン(表)だけ夜戦(眩しくて見えない)にしました。

予備戦力に控えていた残りのドロップポッド、スカウトとストームタロンが到着。
ドロップポッドからはタクティカルスカッドが降車し、盤面中央で負傷していたサンドロス中隊長(作戦目標)を確保します。

移動フェイズ
ガフラを撃破したライサンダーは生き残りの分隊員と離れ、1人で行動を開始しました。
狙うは厄介なトライアーク・ストーカー。

P1060431.jpg

ヴィンディケーターは砲撃に備え微速前進。
ランドスピーダーも物陰から飛び出して、トライアーク・ストーカーを射角に収めます。

P1060432.jpg

射撃フェイズ
ストームタロンの射撃は効果をあげませんでした。
ヴィンディケーターの射撃によってコマンドバージのクォンタムシールド・ジェネレータが破損しシールドがダウン。

夜戦にしたおかげで被害を最小に抑えることが出来ました。

白兵戦フェイズ
ライサンダーがトライアーク・ストーカーに突撃!
S10AP2にはクォンタムシールドによって13に引き上げられた前面装甲でもっても耐え切れず、一撃で粉砕してしまいました!

P1060434.jpg

これ以上この男を野放しにしていてはネクロン軍の損失が増える一方です。
えぇい!よくもよくも!これ以上貴様の好きにはさせんぞ、ライサンダー!!

1ターン裏から始まっていたスカラベとアイアンクラッド・ドレッドノートとの白兵戦で決着が付きます。
重厚な装甲を持つアイアンクラッド・ドレッドノートですが、スカラベのエントロピーストライクの前に装甲が削られ、遂に貫通。群がるスカラベの大群相手に果敢に抵抗したアイアンクラッド・ドレッドノートは内部機構に深刻なダメージを受け機能停止(大破)してしまいます。


P1060435.jpg



2ターン裏
移動フェイズ
ゴーストアーク2隻はライサンダーにとどめを刺すべく微速前進。
スパイダー、トゥーム・ブレイドは盤面中央に降り立ったタクティカルスカッドを狙って前進。
アイアンクラッド・ドレッドノートを撃破し、フリーになったスカラベは砲撃を続けるヴィンディケーターめがけて一直線に前進。


射撃フェイズ
トゥーム・ブレイドが中央のタクティカルスカッドに向かって砲撃を開始。
しかし「3+セーブは…得意なんですよ?」と自信満々のRmanさんの巧みなダイスロールで全て無効化されてしまいます!…くッ…!僕もいつかは言えるようになってみたいものです…!

そしてゴーストアークからの猛烈な射撃をライサンダーに浴びせかけます!

Rmanさん「2+セーブも…得意なんですよ?
Betz「!? 3+のみならず、2+までもマスターしているとは…!
Rmanさん「今一度!スラーネッシュ神よッ!我に力をぉぉッッ!!

再び皇帝ではなくスラーネッシュ神に救いを求めるRmanさん!笑



P1060436.jpg

が、しかし!
さすがに2回目の望みは聞き届けられず、ダルナス・ライサンダー、ダウン!
Rmanさんの自信とスラーネッシュ神に託したダイスロールにヒヤリとしたものの、なんとかライサンダーを撃破出来ました!これで目前の憂いは払えましたね。

射撃予定だったもう1隻ゴーストアークはフラットアウトして敵軍に迫ります。

白兵戦フェイズ
スカラベがヴィンディケーターに突撃し、薄い背面装甲を食い破って撃破!



3ターン表
中央のタクティカルスカッドは、回収のサンダーホークが到着するまで何としてでもサンドロス中隊長(作戦目標)を守りぬく構えです。

ヴィンディケーターを撃破したスカラベに向かって射撃体勢を整えます。

ストームタロンはホバーモードに入り(移動しない代わりにBS+1)、前進を続けるゴーストアークを狙いを定めます。
P1060440.jpg


射撃フェイズ
タクティカルスカッドがスカラベに向かってボルトガンを一斉射撃!
アイアンクラッド・ドレッドノート同胞エドムンドの仇を討つべく放たれた報復の攻撃に、スカラベはたまらず全滅!

P1060439.jpg

ストームタロンの正確無比な射撃は殆どゴーストアークに命中したものの、本来対空用であるスカイハンマーミサイルと汎用用途のアサルトキャノンではゴーストアークの防護するクォンタムシールドを貫くことはかないませんでした。



3ターン裏
移動フェイズ
ゴーストアーク2隻は静寂な航行を続け、敵戦線に迫ります。

スパイダーはタクティカルスカッドがスカラベに気を取られている内に反対の右翼側から接近し、生き残りのイモータルもそれに続きます。

トゥームブレイドは敵戦線突破を目指して最高速度で前進。

P1060442.jpg



射撃フェイズ
ガウスフレイヤー・アレイによる射撃と搭乗員による最大火力を発揮するため、船体側面をプレデターに向けたゴーストアーク。猛烈な一斉射撃によってプレデターを沈黙させます!

もう1隻のゴーストアークはホバーモードで動きを止めたストームタロンに向かって射撃。
クリプテックの持つ破壊者の槍がストームタロンに突き刺さり、火の玉となって地表に激突!



4ターン表
移動フェイズ
奮戦を続けていたインペリアルフィストたちも戦いが激化するに連れて戦力が減んじ、段々と抵抗が弱まってきています。しかしそこはドルンの子等を率いるRmanさん。決して降伏せず、最後の一兵まで戦い抜く覚悟です!
その心意気には全力で応えるのが対戦者たる私の、そして誇り高きネクロンの努めでありましょう!


射撃フェイズ
サンドロス中隊長を守るロメリウス分隊は迫り来るカノプテック・スパイダーに神聖なるボルターの一斉射撃で迎え撃ちますが、重厚な装甲に阻まれ前進を止められません。

サンダーファイアキャノンは戦線突破を目論むトゥーム・ブレイドに射撃!
猛爆がトゥーム・ブレイド編隊に直撃し、一瞬で全滅させてしまいます!
恐ろしやサンダーファイアキャノン…!



4ターン裏
移動フェイズ
ネクロン軍は止まらず前進を続けます。ゴーストアーク1隻がクレーター内の移動で機関部に損傷を負ってしまい移動不能になってしまいましたが、搭乗していたウォリアーを降車させ、中央右寄りの目標を確保させます。

スパイダーとイモータル・ファランクスは中央目標目指して更に前進。
敵は目の前です!

P1060445.jpg



射撃フェイズ
イモータル・ファランクスは射撃体勢を整え、ガウスブラスターの一斉射撃をタクティカルスカッドに向かって放ちスパイダーの突撃を援護します。これは悠々とアーマーセーブするRmanさん。彼の者らは少しも戦意を喪失していないのです…!


白兵戦フェイズ
感情なきカノプテック・スパイダーがロメリウス分隊に突撃!
迎撃射も効果を上げることはなく、白兵戦に突入します!

P1060446.jpg
我ら不退転の覚悟!!
サンドロス中隊長を守り抜き、この地からゼノの脅威を一掃するまで、我らは戦い続ける!例え、我らの身が滅びようとも、我らの志を継ぐ者が、この銀河を貴様らの自由にはさせん!!


分隊員はクラックグレネードを手に、サージェント・ロメリウスはパワーアックスを手に最後の抵抗!
何とか1体のスパイダーを破壊したものの、そこにはまだ2体のスパイダーが…!反撃で分隊員が斃れていきます。

恐れるな、同胞!我らは皇帝陛下とともにある!
負傷したサンドロス中隊長を後ろに、一歩たりとも退くことはありえません。



5ターン表(最終ターン)
移動フェイズ
もはやインペリアルフィストに動かせる戦力はなく、最後の一兵まで戦い抜きます。


白兵戦フェイズ
スパイダーとの白兵戦。まさにラストスタンド。
どちらかが死に絶えるまで終わりません‥・!



5ターン裏(最終ターン)
射撃フェイズ
ゴーストアークとウォリアー・ファランクスは敵線後方の目標の確保を続けていたスカウトに向けてガウスウェポンの嵐を浴びせ殲滅に成功。

白兵戦フェイズ
カノプテック・スパイダーに決死の抵抗を続けるロメリウス分隊に向かって、イモータル・ファランクスまでもが突撃を敢行します!


前からはスパイダー、背後からはイモータル・ファランクスの銃剣が迫ります。
「<帝国>に栄光あれ! 皇帝陛下!万歳!! 」
救出到着までの時間稼ぎに死力を尽くしたロメリウス分隊。
皆々が皇帝陛下と帝国への忠誠を胸に闘いぬき、遂に最後の一兵が討ち死にしてしまいました。

P1060449.jpg


5ターン目が終了し、ここでタイムアップ
お互いにウォーロードは撃破され、先制打撃による1得点はインペリアルフィストに。
しかし、盤面中央の目標2つをネクロン軍が確保したため、
ネクロン兵団とインペリアルフィストとの熾烈な戦闘はネクロン兵団に軍配が上がりました…!



ホビーライフの大きな夢であったRmanさんとのバトルがスローン・オヴ・スカルの最終戦で実現できたことは本当に嬉しかったです。
Rmanさんの運営するRoRは僕がまだミニチュアゲームを始めていない8年ほどまえから覗いていて、それからミニチュアゲームもとい40kを始めて、さらにRoRギャラリーに投稿までさせて頂いており、いつの日かRmanさんとは必ずゲームがしたいと思っていました。

僕の考える理想のゲームというのは、ゲームに勝とうが負けようが最善を尽くして遊べて、かつお互いが楽しいゲームだったと心から思えるものです。Rmanさんとのゲームは、そりゃあもうゲーム中2人でワーワー騒ぎながら、ダイス目に一喜一憂しながら盤面で展開されるドラマを楽しめた最高のゲームでした。1ターン目から非常に濃く、熱い展開。ライサンダーとガフラの熾烈な戦い。そして窮地に陥ったインペリアルフィストの不退転の戦いぶり…。マリーン野郎でもある僕の心はとても揺さぶられましたね。
僕の理想のゲーム、ここにあり!という感じで、このレポートを綴っている今でもあの時の楽しさが蘇って来ました。

Rmanさんとのバトルは決して忘れることの出来ない、素晴らしい思い出です。
またいつの日か必ず再戦したいですね!その時はより大きなポイントで!
そしてレポートなんかも共同作製なんてできたらな、と新たな目標も出来てしまいました。

Rmanさん、当日は最高のゲームをありがとうございました!


後付設定(その後):
分隊の最後の生き残りサージェント・ロメリウスが負傷したサンドロス中隊長を庇うようにして斃れたその時、ようやくサンダーホーク・ガンシップが轟音とともに到着したのだった。

thunder.jpg

ヒーローズ・ヒルの僅かな空間にホバリングするように停止し、前面強襲用ランプからインペリアルフィスト達がボルターを射撃しながら飛び出した。同時にガンシップに備わるありとあらゆる火器を動員してネクロン達に強烈な防御射撃を繰り出す。先のインペリアルフィスト達との戦闘で疲弊していたネクロン軍は一時後退。その隙をついて負傷したサンドロス中隊長とライサンダー中隊長を回収した。ライサンダー指揮するタスクフォースは「サンドロス中隊長救出」という聖務を見事に果たしきり、最後の一兵になるまで戦い抜いて果てていった。かの者らはインペリアルフィスト。皇帝陛下の勅命と、遠き兵団の父ローガン・ドルンの導きに従う者等。自己犠牲の体現こそが彼の者らの美徳であり誉れなのだ。


COMMENT
対戦、そしてレポートありがとうございました。
Betzさん、バトルレポートじっくり拝読させていただきました。本当に感激で胸が一杯です。僕は今まで沢山のバトルレポートを書いてきましたが、ここまでしっかりとしたバトルレポートを書いてもらったことはほとんど記憶に無く、こんなに嬉しいものかと思うのと同時に、Betzさんという友と出会えて良かったと心から思います。

僕も今回のスローンでBetzさんとお会いできるのがとても楽しみでしたし、RoRに投稿頂いてるネクロンを生で見れるというのは一つの夢でもありました。それが実現できた上に対戦まで叶うというのは、まさに奇跡でしたね!

そして、レポートはさすがの完成度です!
今まで沢山のレポートを書いてこられたBetzさんだけあって、非常に分かりやすくまたとても読みやすかったです!たぶん、対戦した僕だけじゃなく、他の方にもバトルの盛り上がりや空気は伝わるのではないでしょうか。
僕はもう一生懸命過ぎて色々記憶があいまいな部分も多かったのですが(笑)、こちらのレポートではしっかり補完してあって、僕も当日の記憶がしっかりと蘇ってきて、読んでいて当日のように体が熱く燃えてきました。

それから、ストーリーも僕のロスターに記載していたものを下敷きにしてくれて、さらに掘り下げてあのバトルにピッタリなモノに昇華させてもらえていたことも、凄く嬉しかったです!Betzさんがこのレポートを書いてくださったことで、あのバトルがただの1試合ではなく、40Kの世界に軌跡を残した戦争となった気がします。
それが嬉しかったです。
しかも後日談まで用意してくださって、本当に最高に嬉しかったです。
後でサンダーホークの写真をお送りしますので、差し込んでもらえたら幸いです(笑)。

Betzさんのネクロンの戦術は僕の想像をはるかに超える高度なもので、ゲーム的な意味でもすごく勉強になりましたし実りの多いバトルでした。
それだけでなく、本当に和気あいあいと楽しく、かつ真剣に遊べたこと、まさにスローンの精神を体現されていたようなBeztさんと対戦出来て、本当に幸せでした。
こちらこそ、最高のゲームをありがとうございました!
そして、スローンオブスカルの総合優勝、おめでとうございました!

僕も今改めて、Betzさんとまた対戦したいと心の底から願います。
もっと大きなポイントで遊べると、確かに熱いですよね~。バトルレポートの共同執筆というのも素敵過ぎるプランです!
あとは・・・何気に僕とBetzさんはどちらもマリーン使いにしてネクロン使い、同盟軍を組んでアポカリプスを共に戦い抜く、なんてのも最高ですよね!
夢は広がります。

これからも、よろしくお願いします!!
長文失礼しました。
Re: 対戦、そしてレポートありがとうございました。
Rmanさん、コメント頂きありがとうございます!

僕も沢山の方とバトルは重ねてきて、たまにレポートに残してもらえる機会があるのですが、やっぱり嬉しいですよね!Rmanさんのお気持ちとても良くわかります笑 RmanさんのToS参戦記にも僕のネクロンが登場しているのを見てやっぱり嬉しかったです!

Rmanさんのインペリアルフィストを実際に目で見れたことだけでも参加した甲斐があった!と思っていたのですが、対戦することが出来て夢が叶いました。盤面に僕のアーミーとRmanさんのインペリアルフィストが並んでいるのを見るだけで幸せでした。

以前にも申し上げましたが、僕はRmanさんのバトルレポートを読んできて、僕もいつかミニチュアゲームを始めたら、こんなレポートを残したい!と思ったのがこのブログを始めたものですから、当のRmanさんにそう行って頂けると光栄の至りに存じます。続けてきて良かった!

ストーリーも勝手ながら簡単なものを添えさせて頂きました。
ToS参加にあたって深く設定を考えていなかったので、Rmanさんのアーミーの設定を拝借させて頂きました。
ゲーム後半の絶望的な戦闘に身を投じるインペリアルフィストの勇姿は、すごくドラマチックで僕の心にくるものがあったんですよね。しかしインペリアルフィストってなぜだか悲壮感漂う戦闘が凄い似合いますね。
後日談は今回始めて導入してみました。その後があってもいいよなぁと思いまして。
サンダーホークの画像お待ちしております!最後のシーンで使えたらすんごい画になると思います!

Rmanさんもベスト・アーミー賞受賞、おめでとうございました!
誰もが納得の受賞であったと思います!
そんなRmanさんのアーミーと戦えたことは、僕のホビーライフにとって、そして僕のネクロン兵団にとって至高の瞬間にして誉れです。(主に僕の心のなかで)永遠に語り継がれることでしょう。

Rmanさんとの再戦、僕も心より楽しみにしております!
そしてアポカリだなんて、激熱ですねぇ!
インペリアルフィストとナイツ・オヴ・アヴァロン…
Rmanさんのネクロン兵団とカルラディン王朝のネクロン兵団…
バトルレポートの共同執筆もそうですが…いやぁ、これまた楽しげな夢が増えてしまいました笑

それから、RoRギャラリーの方でも紹介して頂きありがとうございました!
自分で思い出せるような備忘録でもあるバトルレポートですが、少しでも他の方と熱き対戦の模様を共有できたらこれ以上の幸せはありません。

こちらこそ、これからもお世話になるかと思いますが、宜しくお願い致します!

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。