Blogarium40k

ウォーハンマー(40k、FB)メインのミニチュアホビーブログです

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルレポート4 vs.GreyKnights

先週末もMr.Fieldさんでバトルを楽しんできました。
ここ最近、週1で通っている気がします。

2戦やり、今回は対グレイナイト戦をレポートしたいと思います。
結構長くなってしまいました

後日もう1戦バトルレポートを書く予定です。


設定:
イシュロンⅢでの戦役後、
ルキウス中隊長率いる選抜部隊は、損耗した戦力の補充を受けるため拠点惑星へと帰投中であった。
その最中、同セクターの辺境惑星からインペリアルガードから緊急救援要請を受信した。
ルキウス中隊長は友軍を救うために、持てる戦力を当該惑星に投入。

部隊を展開させ、最後に通信がなされた地点へ向かうと、そこには黒煙を上げる装甲車の残骸と、
おびただしい数の兵卒たちの死体、そして鈍色に輝く装甲服に身を包む正体不明の部隊と遭遇する。

こちらの通信には一切応じず、早急に撤収の構え見せる この怪しげな部隊に対し、
ルキウス中隊長は全部隊に攻撃命令を下した…


ポイント:2500p
作戦目標:アナイアレーション
初期配置:スピア ヘッド



マツさんのグレイナイトとは何度も戦っていますが、
毎度どんな状況で戦っているのか考えるのが難しいです。
帝国軍同士なら演習で片付くんですが、グレイナイトと演習なんてあり得ないので(笑)

壮絶なロールオフを制し(お互い出目が2回同じ)、先攻をゲット!

初期配置はこんな感じになりました。
P1040311.jpg
マツさんの切り札、ドライゴが合流したパラディン8人が縦深攻撃してくるのは明白なので
こちらは迎え撃つ形での配置としました。

P1040312.jpg
パラディンは予備戦力、前からはランドレイダー・リディーマーに搭乗したターミネーター(5)
ドレッドナイト(Pテレポータ装備)、ライノに搭乗したストライクスカッド(10)が配置可能エリアギリギリまで前方に配置され、それはもう殺る気満々です。



画像をよく見ると、ライノの前になにやら怪しげなポーズをしたユニットが見えますね。
これはマツさんが「キュレクサスやばくね?」ということで急遽コンバージョンして作り上げたものです。

P1040309.jpg

もはや人ですらない(笑)
あ、いや確かにアサシンたちは軒並み人外な能力を持っていますが・・・。
頭の横にとって付けたような、筒がなんともチャーミング。
全身バイオニクスのカシウスさんですら真っ青の機械っぷりです。


それではゲーム開始です。
先制権奪取も成功されること無く、無事に第一ターンが始まりました。

まずはマリーンの花形、ドロップポッドを使った強襲降下を敢行します。
狙うはもちろん、ランドレイダー・リディーマー!

どんぴしゃで着地し、アイアンクラッドのメルタが炸裂します!
最近あまり活躍できていなかった彼ですが、今回は・・・

P1040316.jpg

見事に爆散させました! えらい!
降車後、密集したターミネーターたちにサンダーファイアキャノンの猛爆が襲い掛かり、2人持って行きました。

その他は中央に配置された帝国掩蔽壕がじゃまで射撃できず、ターン終了。

裏。 配置されたユニットは全速で我が軍の立て篭もる廃墟に向けて移動を開始します。
ヴィンディケアのターボペネトレイター弾がランドレイダーに直撃するも、出目が振るわず兆弾。
結果気絶と命拾いしました。 


白兵戦フェイズ。マツさんのターミネーターがアイアンクラッドに襲い掛かります。
ハンマーハンドをライブラリアンのサイキックフードで封じたので、「6のみ貫通でしょ?余裕余裕!
と死亡フラグを立てたのが運のつき・・・ 見事に貫通され、爆散しました。 あばばばば。

P1040320.jpg

2ターン表。
相変わらず掩蔽壕が邪魔すぎて射撃できません・・・。

姑息にもその裏に隠れ、次のターンにテレポートをしようと企むドレッドナイトに対し、
我が軍の切り札である、アサルト・ターミネーターwithターミネーター・ライブラリアン(ジェリアス)達を重厚なるランドレイダーから降車させ、アサルトします。

いくらドレッドナイトとはいえ、モンスターキラーのターミネーターたちには分が悪く、
損害ゼロでこれを打ち倒す事に成功します。

2裏。

サイキックコミュニオンの効果で出目3+でパラディンたちが到着してしまいました。
しかもその配置先は・・・

P1040323.jpg

盤面四隅ギリギリのかなり難しい位置にパラディン達がテレポートアウトしてきました・・・。
これを成功させるあたり、さすがマツさんとしか言いようがありません・・・。

パラディンキラーのヴィンディケイターも猛射撃の前に沈黙
保険のルキウス中隊長の衛星軌道砲撃と、スターンガードの持つコンビウェポンに頼るしかありません。

ですが、ここで更なる不運に見舞われます・・・。
さっきからずっと、見えない位置で砲撃要請をしては盛大にズレまくっていたテックマリーンの
バラージボムがスターンガードに直撃し、6人も倒れてしまいました。
半数以上を失い、パニックテスト・・・ 結果は・・・!

P1040324.jpg

・・・失敗、だと・・・!
20cm退却しますが、盤面ギリギリで何とか踏みとどまりました。

ですが、ですが、まだルキウス中隊長の衛星軌道砲撃が残っています。
これを直撃させればパラディンなど恐れるに足りません!

3表。
ルキウス中隊長たちの再集結チェック。 


P1040325.jpg

・・・ ・・・ ・・・。

・・・あかーん! もう叫ばずに居られませんでした。

ダークエルダー戦の時もそうでしたが、
最近のルキウス中隊長は途中で用事を思い出してしまう頻度が高くなってきている気がします・・・。

当てにしていたスターンガードは中隊長もろ共居なくなってしまったので、
こうなったら持てる火力すべてを集中させるしかパラディンを押し留める術は残っていません。

皇帝陛下は我等を試しておられるのだ!

前方からやって来るストライクスカッドや、その他の部隊はジェリアスらに任せ、
ラスキャノン、サンダーファイアキャノン、プラズマキャノンといった残された重火器の集中砲火を浴びせます。しかし、サンダーファイアキャノンはターミネーターアーマーに、プラズマキャノンでは即死できず、ラスキャノンはドライゴのストームシールドに弾かれ、思うように数が減りません・・・。

3裏。
ついにキュレクサスの"憎悪の鏡"の力が解放され、ジェリアスたちに襲い掛かり、
アーマーセーブ不可のダメージが5発も入ってきました。ストームシールドで受けてたつも2人失敗。
恐るべしキュレクサス・アサシン・・・!

P1040309.jpg


そして恐怖の白兵戦フェイズ。
パラディンは廃墟に立て篭もるタクティカルスカッドに突撃します。

P1040326.jpg

TSM分隊は最後の踏ん張りを見せ、何点かダメージを与えることに成功するも、やはり全滅します。


4表。

このターンもひたすらパラディンに射撃を加えます、死角に入り込まれ、思うように射撃できませんでしたが、もうひとつのTSM分隊が撃ちまくり、さらにパラディンを消耗させます。

ちなみにキュレクサスは同胞の仇討ちに燃えるジェリアスに叩き潰されました。

裏。
パラディンは残りのTSM分隊に突撃。この時点でパラディンはドライゴ含め5人にまで減っていました。
ほぼ全員に1点傷が入っており、結構ボロボロな感じに。

ここでもTSM分隊は最後の奉仕。1人のパラディンと引き換えに全滅します。

5表。
2階にまで上り詰め、3階にいるデバステイターとサンダーファイアキャノンは最後の射撃。
消耗していたこともあり、更に2人のパラディンがダウン。 そこで士気チェック。

P1040328.jpg

なんと失敗し、退却を開始します!
最後の攻め手を失い、前線ではジェリアス率いるターミネイターが、次々とキルポイントを稼いでいる状況から、ここでマツさん投了。キルポイント8-7でギリギリ勝利という、最後までわからない白熱したバトルとなりました。あそこでドライゴが退却しなければ非常に厳しくなっていたことでしょう。


マツさん、対戦ありがとうございました!

COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。